How to Resolve Bullying in the Workplace: Stepping Out of the Circle of Blame to Create an Effective Outcome for All【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】

   

How to Resolve Bullying in the Workplace: Stepping Out of the Circle of Blame to Create an Effective Outcome for AllBullying in the workplace is an increasingly present phenomenon within relationships at work. However, the need to prove that bullying has occurred before action can be taken is an immediate obstacle to moving forward in difficult workplace relationships. The ambiguity and subjectivity associated with the concept of bullying becomes an obstacle to creating more effective responses to their situation for all involved in difficult workplace relationships. Those who feel bullied, those who are accused of bullying and those who manage such situations can be distracted from attempts to resolve the situation by the subjectivity and confusion associated with the need for 'proof'. As a result a circle of blame will often arise that leaves all involved dissatisfied with the outcome - if a clear outcome is even possible. This book recounts the experiences of the author, who works as a mediator and conflict coach, in which he has seen work colleagues involved in bullying allegations find ways of resolving their difficulties through a focus on discussing the detail of the behaviours involved in the situation rather than simply focus on proving bullying has or has not occurred. The 'one size fits all' concept of bullying is usually inadequate as a description of the experiences of those involved in broken working relationships and the accusations and counter-accusations tend to maintain the broken relationship rather than mend it. The book gives examples of dialogues that can occur, distilled from real-life discussions, that focus on creating more effective working relationships instead of allocation of blame, seeking retribution and retaliation. The hypocrisy and ultimate ineffectiveness of traditional approaches to allegations of bullying is addressed from the start and the combative and retaliatory language associated with most literature about the topic is highlighted as an indication of how the phenomenon of bullying is self-perpetuating when it is responded to and discussed in this way.Dimensions: 21.59 x 13.97 x 0.3 centimetres (0.08 kg)職場におけるいじめは、職場における人間関係の中でますます現れる現象です。

しかし、行動前にいじめが発生したことを証明する必要性は、困難な職場関係において前進するための直ちに障害となります。

いじめの概念に関連するあいまいさと主観は、困難な職場関係に関わるすべての人にとって、彼らの状況に対するより効果的な対応を作成する上で障害になります。

強姦した人、いじめを受けた人、そのような状況を管理する人は、「証拠」の必要性に伴う主観と混乱によって状況を解決しようとする試みから気を散らすことができます。

結果として明らかな成果が可能であれば、結果に満足していないすべての人が結果に不満を残す結果となることがしばしば生じます。

この本は、仲介者と紛争指導者として働いている作者の経験を紹介しています。

彼は、いじめの申し立てに関わる仕事仲間が、状況に含まれる行動の詳細を議論することに焦点を当て、困難を解決する方法を見出していますいじめを証明することに焦点を当てるだけでなく、発生していない。

「1つのサイズはすべてに当てはまる」という一般的ないじめの概念は、通常、壊れている作業関係に関係する人物の経験の記述としては不十分であり、告発と反訴は、それを修復するのではなく壊れた関係を維持する傾向がある。

本書は、現実的な議論から逸脱して起こりうる対話の例を挙げており、責任の配分ではなくより効果的な関係を作り、報復と報復を求めている。

いじめの主張に対する伝統的なアプローチの偽善と究極の非効率性は、当初から扱われており、トピックに関するほとんどの文献に関連する闘争と報復の言葉は、それに応答したときにいかに自己永続化するかを示すものとして強調されているこのように議論された。

寸法:21.59 x 13.97 x 0.3センチメートル(0.08 kg)------------------------------------ 当店は、アメリカ カリフォルニアを本店とする海外ショップです。

通関時に関税・輸入消費税が課税される可能性があります。

商品お届けまでに、約1ヵ月かかります。

「伝票番号の追跡サイトへの反映には10日程度かかります」 当店のカード決済代行会社は Rakuten Commerce LLC です。

------------------------------------

  • 商品価格:2,587円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)